IT ALL BEGAN IN 1889

すべての始まりは1889年に

電気が初めて世界に紹介され、日本では明治憲法が発布された頃、起業家でデザイナーのルドビン・アンダーソンは北欧・スウェーデン西部のシンナという小さな町でカスタール社を創業しました。
カスタールの工場は当時のスウェーデンで最初に工業化されたラグ工場で、最初の数年はラグとカーテンを製造し、「美しく丈夫で、その上を歩くと楽しくなる」と、その評判は瞬く間に広がりました。ラグの品質の高さとクリエイティブな工場の環境は、間もなくイングリッド・デッサウ、ヴィオラ・グロステン、アストリッド・サンペ達、第一線で活躍するデザイナー達を魅了しました。

We never forget our origins – which may well explain our success

KASTHALL TODAY

カスタールの今

カスタール社の工場と本社は今も創業時と同じ場所にあります。工場は私たちが本物を作り続けることを約束するシンボルです。もしルドビン・アンダーソンが今日、私たちを訪ねることができるなら、素材と手仕事への敬意が今も失われず、革新に対する熱意が生き続けていることに喜ぶことでしょう。

スウェーデンの伝統に深く根付いているとはいえ、カスタールの製品が国境を越えて高く評価されるのは、私たちにとっての誇りです。カスタールは現在、世界40か国以上で販売されています。フラッグシップ・ストアをストックホルムに、ショールームをミラノとニューヨークに展開しています。また、世界的に著名なデザイナーや建築家とコラボレーションし、そこでは最先端のアイデアが、カスタールのクラフトマンシップや最高級の自然素材と出合っています。

OUR CARPET LEGACY

カーペットの伝統

世界でたった一つのラグが仕立てられる度に、カスタールの歴史に新しい章が追加されていきます。カスタールでは、1950年代まで遡り、当時から生産されてきたほとんどのラグサンプルと、当時のデザイナーのオリジナルスケッチや写真、生産工程の記録を合わせて保管しています。このアーカイブは湧き続けるインスピレーションの源泉となる私たちの財産です。


Pagetop